投稿

Googleドキュメントで動画の文字お越し by Mac / OUR MUSEUM

イメージ
インタビューや講演などの映像を文字おこしするのは面倒な作業だけれど、映像を編集する上で、どの部分をどこに使うかを決める手がかりに必要なログです。Googleドキュメントの音声入力で映像の声を入力するとそこそこ内容の分かるテキストが自動生成できる事が分かった。2018年の始めには65点くらいだと感じていた変換も今は85点くらいに感じるまでになったので、その方法を紹介したい。

動画編集環境から直接テキスト化 私はカメラ撮影した映像ファイルをMacのFinalCutProで編集している。
NG部分などを取り除いた素材ムービーをタイムラインに配置して、再生する音声を直接Googleドキュメントに認識させると、テキストが生成されて、完成が途切れたり、Googleドキュメントが聞き取れないと判断して停止するまで連続的に動作する。以前は、判別が難しくなって止る事も多かったが、最近のテストでは音声が明瞭であれば止る事は少なくなった。

Macでテキスト化する時に必要なもの 編集ソフト(QuickTimeplayerなどの再生でも可)
Soundflower(Macから出力される音声を録音可能に出来ます)
 https://github.com/mattingalls/Soundflower/releases
Googleドキュメント(Googleアカウントが必要です)
 注・必ずChromeで使う。Safariでは動作しません。

方法 1. 編集ソフトなどで再生したい動画を開いて、テキスト化したい5秒程度前で停止
  (編集ソフトからGoogleドキュメントに切り替えるタイムラグがあるため)

2. Googleドキュメントの新規ページを開く
  ツール > 音声入力 を選ぶ


音声入力のウインドウが出ます 







3. システム環境設定 > サウンド > Soundflower(2ch)を選ぶ
  (音声は外部には出力されなくなります)








4. 編集ソフトに戻り、動画を再生

5. Googleドキュメントの音声入力のウインドウをクリック

音声を認識している間、マイクのアイコンが赤くなります






6. 言葉が自動的にテキスト化されてゆきます。
  認識できなくなったり、音声が途切れると認識が停止してマイクがグレーになります。グレーになった場合は、テキスト化されていない所まで戻って再度手…

2016年3月 第34回国際芸術映画祭(International Festival of Films on Art)参加抄録 / SUGIMOTO 杉本博司 Hiroshi Sugimoto

イメージ
モントリオールで開催されていた第34回国際芸術映画祭(International Festival of Films on Art)が3/10-20の会期を終了した。この国際芸術映画祭は芸術に関する映像作品を世界公募している世界最大規模の映画祭である。 私は2014年に制作した「つむぎの思想—志村ふくみの世界」でエントリーしてコンペ部門に入選したため、3/15日から22日の旅程で参加して来た。覚書的な形で映画祭を紹介しておきたい。 34回目となる今年は公募で約600本のエントリーがあり、コンペティション部門42本、コンペ外の選外として40本、今年の企画でとして約50本の作品が会期中モントリオール市内7ヶ所のシアターで上映された。
まず参加作品の「つむぎの思想—志村ふくみの世界」について。 2014年に稲盛財団の主催する京都賞を受賞された志村ふくみさんの受賞記念のワークショップのために制作した映像を、劇場上映用に再編集したもの。京都賞の受賞記念ワークショップでは、志村さんのコンセプトやその受賞理由を映像によって表現して欲しいという依頼で、映像の内容は普段の仕事場の様子に加えて、自然や氏の故郷の風景から影響を受けられたであろう色彩と、「つむぐ」ための作業の音で構成した。ワークショップでは、鼎談やレクチャーなどの合間に上映するために5つの短い映像を制作した。そのうちの3つの映像を抜粋して繋げたものが、現在京都賞の公式YouTubeでも御覧いただける。今回は劇場用にタイトルテロップ、クレジット、各パートの繋ぎ、エンディング等を見直して1本にした。3月21日まで開催されていた国立京都近代美術館で開催されていた志村ふくみ氏の個展でも会場で紹介していただいた。この展覧会は沖縄美術・博物館、世田谷美術館にも巡回するのでそちらでも御覧いただける予定。  映画祭での公式上映は2回あった。どちらもモントリオール美術館のホールでの上映で、1回目は審査員も同席で木曜日の午後3時という時間だったがチケットは完売しており、観たいものは並んででも多少高く払っても観るという人が多い。あらためてモントリオールの観客のレベルの高さを感じた。
私はこれまでに12本の作品を1996年から出品しており、今回の滞在は8回目だった。20年前に比べると全体的に洗練されて来たのだが、今年は印刷したカタログがなくw…

2014年7月 格安iPhone5s! / SUGIMOTO 杉本博司 Hiroshi Sugimoto

ほんど2年ぶりのこのページだ。今回は携帯電話の代金について。 格安スマホというものが出回るようになったが、格安iPhoneという選択肢もあるという話。
私が携帯電話を初めて持ったのは、ロケで使うためにPHSを買ったのが最初で、その後Vodafoneから売り出されたノキアの携帯を3機種使って、iPhoneは4から使い始めた。PHS時代は月々の支払いは3千円までだった。その後携帯でパケット通信というものが始ってその単位がどの程度のものかわからぬまま使用料として加算されて行った。iPhoneに変えるにはパケットしほうだいというものに入らざるを得ない料金設定のために、仕方なく月々6〜7千円程度を支払っていた。最初は家族でも使うのは私だけだったが、家族の4人が持つようになって、月々3万円程度、年間40万近くになるのは、大した通信もしないのにかなり無駄の様に感じていたところで、2013年の秋、突如としてアップルがsimフリーのiPhoneを出した。最初はそれほど興味は無かったが、海外で使うためにアメリカとヨーロッパでも携帯を買って持っていたが、充電器などを持っていったりする事も面倒だし、日本から持ち込んだiPhoneでそのままローミングで繋ぐと3、4日で1万円を超えるのは、やはりこれもどうかと思っていたので、2013年の年末頃いろいろ調べてみた。そうするとMVNO(仮想移動体通信事業者Mobile Virtual Network Operator)というものがあるではないか。既に様々なサービスが始っており、音声通信も出来るいわゆる格安シムというのもが出始めていた。丁度2月にソフトバンクの契約更新が来るのでそれを機会にどうすべきか悩んだ。繋ぎ放題ではあるが通信速度が遅いので、それでどの程度まで実際使えるのか不安があったので、ひと月先に更新月が来る妻にsimフリーを提案してみた。妻は仕事も家庭もでほとんどwifiのある環境にいるので、通信速度はあまり関係に無いので試してみることになった。ただ最初のハードルが高いのは最初にsimフリーのiPhoneを購入しないとならないのと、電話番号を引き継ぐための手続が面倒に感じる点だ。ただ3年使えばiPhoneの代金8万円は月々2200円程度なので、通信費の基本料金1680円と合わせても3900円くらいで、ソフトバンクなどのキャリアかと比べれ…

2012年9月 10.6サーバー修復記録 / imomushi : tabaimo -2010-

イメージ
2012年9月4日 Director chair
core2 10.6.8で2009年?から運用していた システムのHDDが破損 
サーバーを手元に置く理由は、たまにあるクラッシュなどの不具合に対応する大変さを差し引いても映像制作で様々なファイルを送ったり共有したりすることに必要なサイズと速度を保持出来てしかも安く済ませることができるからだ。ただし、構築や不具合の対応時間や精神的に乗り越えなければならない壁は低くなく、それを考えるとレンタルと甲乙つけがたい所もある。MY-iCloudを実現するにはそのあたりの覚悟とちょっとしたスキルを保持しておくということが必要だが、今回、夏の終わりに見舞われたハードディスクのクラッシュで、復旧するまでの10日間の道のりを覚書として記しておきたい。
「あれ?メール読まないな。」ハードディスクのクラッシュは突然やって来る。さっきまで動いていたのに、もう起動は出来ない・・。 とりあえずtime machineをカスタマイズしてバックアップしているデータからの復旧を試みる必要がある。そしてディスク以外が壊れていた時の替えのために、1台新しいものを購入。現在はOSXserverは10.8になっているが、現在使っている10.6を搭載したMacminiがたまたま売られていたのでそれをバックアップ用に購入。壊れたディスクも新しいものに変えるために1Tの2.5インチハードディスクを2個購入。木曜の午後に壊れて、土曜の朝のヤマトさんの到着で復旧が始った。
1. 新規購入(core2 10.6 2011)を使いtime machine バックアップから移行を行なう。  設定中にエラー、アップグレディングサービス、と出る 再起動で起動できるが、open directoryがローカルになってしまい、これまでのユーザーにアクセスできず。
2. 壊れたサーバーのハードディスクを取替えて新しいものにして同様の移行をするが同様にエラー(ミラーリングの初期化をしてディスクを最初に試したがこれもダメ)
3. 調べたところ、ディスクから起動して日本語を選んだ次のの画面でユーティリティーなどの選択肢からtime machineのバックアップから復元を選べば問題無いようなことを知る。 試したが再起動で起動せず。がっくし。

time machineはまったく同じ機種でないと復…

2012年6月 ディスクメディアの行く末 / imomushi : tabaimo -2010-

2012年6月10日 Director chair

 映像のソフトはVHSテープのどっしりとしたパッケージの存在感で幕開け、今DVDやBlu-Rayのパッケージで終わりを告げようとしている。ディスクというプラスティックの円盤が回転するメディアはBlu-Rayがおそらく最後のメディアになる。音楽がネット配信に移って行ったように映像も時間差でやがて同じ道を歩むだろう。  その一方でレコードはとても古いメディアでありながら今も健在だ。蓄音機で聞く初期のものは勿論電気もいらない。CDになる直前のレコードは現在でもプレーヤーが開発されて販売されている。私も昔集めたレコードを再び聴くために数年前にプレーヤーを購入した。デジタルファイル化してしまえば便利だと思ったのが発端だが数枚録音して止めてしまった。レコードは明らかに小さなヘッドホンで聴くものでなかったのだ。スピーカーで聴くとプチプチというレコードのノイズは楽器のように聞こえるけれども、ヘッドフォンでは辛い耳障りなものにしか聞こえない。取引先の電気メーカーの先輩たちにこの話をしたところ、みんな同なじように考えていて、レコードはデジタル化せずにデジタルは最初からデジタルで録音されたソースを聞いているらしい。音として別物な訳だ。  音として別物で、さらに最近はネット配信でジャケットの物質感もなくなって、刺激が減ったようにも思える。聞きたい曲をすぐに着けるのも良いような悪いような。もうアルバムという概念も無いような気がする。レコード屋さんで視聴して迷いに迷って買った一枚のレコードをジャケットから出して匂いを感じて針を落とす。そんな儀式的な行動と時間は今の社会ではもう完全に過去のものなのか。
 さて話は映像パッケージ。私の作った映像も現在はDVDにして販売しているが、行く末はパッケージはなくなるだろう。でも良く考えるとパッケージのあったものは未来にも残されやすいかもしれないし、時間が経って開けた時にもその当時の空気が伝わってより文化的とも言えるかもしれない。あともう少しの時間かもしれないけれど、これから発売するDVDはパッケージも少し凝ったものにしたり中に何か入れたりしても良いかと思っている。中学や高校の頃に買った一枚一枚のレコードの思い出に変る何かを、それを知る我々世代が作り出す義務のようなものがあるのではないかと思うこの頃だ。

2011年12月 岩手での制作とスキー / 森村泰昌 MORIMURA Chapter3

イメージ
2011年12月20日 Director chair


 地震が起こった時、自分には何ができるだろうか誰もが考えたと思う。  私は今年は差し迫ってベネチアビエンナーレが控えていたので、まずはそれを成功さすことに全力を投じた。そしてベネチアが始まった頃に森村泰昌の岩手県立美術館でのプロジェクトが始まった。非常時における芸術というテーマは大きく重いものだが自分の出来るやるべき事として取り組んだ。しかし撮影が終盤にさしかかった頃、不運にも中断を余儀なくされた。ここで止まったら終わってしまう気がしたので、私は森村の描いた絵コンテに基づき撮影した映像の編集をした。3台のカメラを使って横長の1画面を構成する森村としても初めてのタイプの作品で、カメラの捕らえた岩手の自然や船越保武の作品は想像していた以上に美しく、仮編集の出来た段階でこの作品は必ず発表しなければならないという確信を得た。現在に至ってまだ事の進展は無いが、その日が来るには作品を完全な形に仕上げなければならないので、まだこの先どうなるかは分らないが本編集を丁寧に時間をかけて始めている。完成は2月末を目標にしている。
 そんな事があった今年、岩手へ行って感じたのは、そこでスキーがしてみたいということだった。スキー人口はこの10年で半分、1/3になったとも言われ、あの八方ですらリフトを選べば正月でもリフト待ちはない。私がスキーをしていた頃には考えられない状況だ。このままでは日本のスキー場は次々になくなってしまうのではないかと思えるくらいだ。そんな状況で東北のスキー場は震災を受けた。沿岸部に比べれば被害は少なかったのかも知れないが、確実に今年は東北のスキー場を訪れる人は減ってしまうだろう。そう考えるとそこへ行く事も私のできる事だと思い夏に撮影で行った八幡平の安比高原と学生時代に滑った山形蔵王へ行くことにした。
 岩手のスキー場に関西から行こうとすると新幹線の始発に乗ってもゲレンデに到着する頃にはリフトが終わってしまう。日本も以外と広い。移動日だけにしてしまうのは何となく無駄な気がして、いろいろ考えた結果、寝台特急で岩手へ行く事にした。調べてみるとこの寝台特急「日本海」は来年の3月で廃止になってしまう。ブルートレインで岩手に行ける最後のチャンスに出くわした訳だ。何か銀河鉄道に乗って出かける気分。ネットでは鐵ちゃんが特急日本海に…

2011年10月 森村@岩手の中止 / 森村泰昌 MORIMURA Chapter3

イメージ
2011年10月8日 Directors Chair
 本来なら私は今日は岩手にいた。しかし京都にいる。  岩手県美の森村泰昌展が中止になってしまったので、それに向けての制作も停滞し少しは時間の余裕が出来たのかも知れないが、相変わらず休日がなかなか出来ない。もしも、展覧会が開催されていたら過労でまた別のところにいたかも知れないし、ここは良い様に考えよう。  でもただひとつはっきりとさせておかなければならない事がある。美術表現の著作権とは何かという事だ。ブランドのバッグを偽物として作って、売るほうも買うほうも分って取引したり、海賊版のCDやDVD販売するという明白な著作権侵害とはまた別のものが著作権利侵害として存在するのだろうか。どんな芸術家も様々なものから影響を受け、時にはそれを引用したり、アレンジしたりして自分のものとして行く。ある時は気づかずに、ある時は正面からそれと向き合い作品にする。長い歴史で繰り返されて来た事だ。  著作権者から侵害だと言われれば、そこに表現の自由はないのだろうか。  教師に向かって君には私の事を語ってほしくない、とか、批評家に向かって私の事をそのように批評するのはまだ早いなどと、それを遮断する事は誰にも出来ない筈だ。今回の出来事の根本は客観的な判断を仰ぐ場が必要な様に感じている。  作品には罪は無い。完成させて多くの人の批評を浴びてこそその本質が見えて来る。ならば完成させよう。
 10月5日に想う。MS-DOSの頃にパソコンから一旦は離れたのに、再び使う気にさせたアップルはまだベージュ色のフリーズが多発するものだった。その頃から時代の流れと共に買い替えて、それらを制作に酷使してきた。アップルから出てくる製品には感心させられる事が多かったが、販売方針は最悪だった。遠く広くを見据えた経営者にも欠点はあったのだ。アーティストが亡くなれば、他の誰かがそのアーティストを引き継ぐ事は出来ない。アップルの正念場に我々ユーザーはどう付き合うのか。




+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
2018.0730追記
この時に制作した作品は現在幻の映像インスタレーションになってしまっていますが、いつかは公開出来る日が来る事を信じて編集が完成させています。この作品の未発表が何かしらのマイナスのトリガーになってしまっ…