投稿

11月, 2018の投稿を表示しています

Googleドキュメントで動画の文字お越し by Mac / OUR MUSEUM

イメージ
インタビューや講演などの映像を文字おこしするのは面倒な作業だけれど、映像を編集する上で、どの部分をどこに使うかを決める手がかりに必要なログです。Googleドキュメントの音声入力で映像の声を入力するとそこそこ内容の分かるテキストが自動生成できる事が分かった。2018年の始めには65点くらいだと感じていた変換も今は85点くらいに感じるまでになったので、その方法を紹介したい。

動画編集環境から直接テキスト化 私はカメラ撮影した映像ファイルをMacのFinalCutProで編集している。
NG部分などを取り除いた素材ムービーをタイムラインに配置して、再生する音声を直接Googleドキュメントに認識させると、テキストが生成されて、完成が途切れたり、Googleドキュメントが聞き取れないと判断して停止するまで連続的に動作する。以前は、判別が難しくなって止る事も多かったが、最近のテストでは音声が明瞭であれば止る事は少なくなった。

Macでテキスト化する時に必要なもの 編集ソフト(QuickTimeplayerなどの再生でも可)
Soundflower(Macから出力される音声を録音可能に出来ます)
 https://github.com/mattingalls/Soundflower/releases
Googleドキュメント(Googleアカウントが必要です)
 注・必ずChromeで使う。Safariでは動作しません。

方法 1. 編集ソフトなどで再生したい動画を開いて、テキスト化したい5秒程度前で停止
  (編集ソフトからGoogleドキュメントに切り替えるタイムラグがあるため)

2. Googleドキュメントの新規ページを開く
  ツール > 音声入力 を選ぶ


音声入力のウインドウが出ます 







3. システム環境設定 > サウンド > Soundflower(2ch)を選ぶ
  (音声は外部には出力されなくなります)








4. 編集ソフトに戻り、動画を再生

5. Googleドキュメントの音声入力のウインドウをクリック

音声を認識している間、マイクのアイコンが赤くなります






6. 言葉が自動的にテキスト化されてゆきます。
  認識できなくなったり、音声が途切れると認識が停止してマイクがグレーになります。グレーになった場合は、テキスト化されていない所まで戻って再度手…