投稿

12月, 2018の投稿を表示しています

VLOGが300回に / 可動式マイクホルダー / SUGIMOTO

イメージ
VLOGが300回になりました。
 仕事で自分のためにやっていた映像機材のテストを公開する事を中心にアートネタなどを交えて2年2ヶ月で300回になりました。最初の100回は毎日やってYouTuberというものがどんなものかを体験するところから始まりましたが、実際にやってみて分る事も少なくありませんでした。
 さて、300回目の今日はプチDIYでカメラのマイクホルダーを可動式に変更してみました。最近のハンドヘルドカメラのマイクホルダーはどのメーカーも固定式で脱着すら考慮されていないのでケースに入れる時は判じるより高いその出っ張りが必ず邪魔になるので以前から何とかしたいと思っていました。今回利用したのは中国メーカーのSmallRigという所から発売されている部品を使って既存のマイクホルダを可動式にするというものです。

SmallRig ダブルボールヘッド マジックアーム 多機能ダブルボールアダプタ 4個入り-2159 https://amzn.to/2GjgbH1

 結果はほぼ満足なものが出来ました。完成してから思い出した事があります。実は90年代にはソニーから業務用のカメラに装着する可動式のマイクホルダーが発売されていました。マイクを外したあとは下向きにしてケースに入れやすくするというもので型番はCAC-12というもので定価は15000円もしました。すっかり忘れてしまってましたが、頭のどこかでこれを使った時のことを覚えていたののかも知れません。今ならもっとコンパクトにハンドヘルド用も製作できると思うので是非新機種には可動式か脱着が簡単に出来るマイクホルダーを搭載してほしいと思っているのは僕だけではありません。かつて固定式のものを反対向けに着けて上への出っ張りをなくしていた人を見かけた事があります。今はそれも出来ない構造なので今回DIYで作ったのでした。

++++++++++++++++++++
今、長崎で展覧会が開かれている杉本博司のドキュメンタリーです。これを作った時はカメラは全てHDでした。

SUGIMOTO 杉本博司 Hiroshi Sugimoto from Ufer! Art Documentary on Vimeo.
SUGIMOTO
日本語/English Subtitles
2008年から5年間、杉本博司の作家活動を追いかけた。写真作品を中心に立体から舞台、…